ニュース

井端氏、DeNAの2番・楠本の第1打席に…

無断転載禁止
DeNAの楠本泰史
 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、DeNAの2番・楠本泰史の第1打席について言及した。

 0-2の初回、DeNAは先頭の神里和毅がライト前ヒットで出塁するも、2番・楠本は初球のシュートに手を出し遊ゴロダブルプレーに倒れた。

 現役時代2番を打つことの多かった井端氏は「僕も2番を打っていたんですけど、初回に2点を取られて先頭打者が出て、何をやろうかなと考えている間にただ単に打ってしまったようにしか見えなかったですね」と指摘。

 「(2番打者の)経験がないのか、本当だったら真っ直ぐをライト線に打つぐらいのスイングをして欲しかったですね」と物足りなく映ったようだ。

 2番・楠本がダブルプレーに倒れた後、ソト、筒香嘉智が連続本塁打を放っただけに、勿体ないダブルプレーだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM