ニュース

真中氏、広島・鈴木誠也は「4番としての風格がでてきた」

無断転載禁止
広島・鈴木
 広島の4番・鈴木誠也が6日の阪神戦、2本塁打を含む3安打5打点の大活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。

 鈴木は1-0の3回一死一塁の第2打席、阪神先発・岩貞祐太が投じた初球のカットボールを振り抜くと、打球はレフトスタンドに飛び込む2試合連続となる本塁打。6回一死一、三塁の第4打席では、尾仲祐哉のストレートをレフトスタンド最前列へ運んだ。さらに、8回の第5打席はライト前ヒットで出塁し今季初の猛打賞を達成した。鈴木はリーグトップの5本塁打、12打点、打率もリーグ5位の.400と、好スタートを切った。

 6日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した真中満氏は「完全にノッテきましたよね」と話し、「昨年も良かったですが、今年はさらに4番としての風格、落ち着きがでてきました。間違いなく(今年も)やる選手ですね」と太鼓判を押した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM