ニュース

DeNAが交流戦シリーズで展開する限定Tシャツのデザインを発表!今回のコンセプトは“海賊”

無断転載禁止
自身のTシャツデザインと同じポーズをとるネフタリ・ソト選手

全12種類の23選手のイラストが登場!


 横浜DeNAベイスターズが8日、埼玉西武ライオンズ戦(6/7~9)で行うスペシャルイベント『交流戦 SERIES 2019』で、約8万4000枚販売する「Tシャツ付チケット」の購入者に渡される「スペシャル海賊Tシャツ」のデザインを発表した。

 パ・リーグの強敵に立ち向かうチームに勢いをつけるため、セ・パ交流戦期間中のスペシャルイベントとして開催している『交流戦 SERIES』。球場全体がより青く染まるよう、2017年からはテーマに合わせた選手イラストが描かれた横浜ブルーのTシャツが用意されている。

 今年の『交流戦 SERIES』限定 T シャツのコンセプトは “海賊”。船長(キャプテン)の筒香選手を中心に、ソト選手扮する剣士や、山﨑康晃選手扮する航海長など、個性豊かな“DB海賊団”のメンバーが、交流戦優勝、また日本一という同じ目標に向かって航海する様子をイメージしたとのこと。全12種類、合計23人の選手が登場する『交流戦 SERIES 2019』限定スペシャル T シャツは、どのデザインになるかは当日のお楽しみとなる。


▼ 筒香嘉智選手コメント
「チームのキャプテンとして、そして海賊団の船長としてチームを引っ張りたいと思います。
シーズンにおいて非常に大切なポイントになる交流戦で勝利を掴めるよう頑張りますので、『交流戦 SERIES』では海賊 T シャツを着て声援を送ってください!」

▼ ネフタリ・ソト選手コメント
「カリブの海賊のような雰囲気が出ている海賊 T シャツのデザインがとても気に入っています!
他の選手のデザインもそれぞれの個性が出ていて、とても楽しい海賊団だなと思いました。
交流戦ではパ・リーグを倒せるように頑張りたいと思います!」
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西