ニュース

里崎氏、バレンティンに逆転弾を浴びた巨人バッテリーは「欲をかいてしまった」

無断転載禁止
7回、ヤクルトのバレンティン(左)に逆転3ランを浴びた巨人・吉川光=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.13 14:00
読売ジャイアンツ 6 終了 11 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 6 - 11 ヤクルト ○
<2回戦・東京ドーム>

 13日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない』に出演した里崎智也氏が、同日に行われた巨人-ヤクルト戦で、7回に巨人・吉川光がヤクルト・バレンティンに逆転3ランを浴びた場面について言及した。

 巨人は4-4の6回に大城卓三の適時打で勝ち越しに成功。1点リードの7回から吉川光夫がマウンドにあがった。吉川光は一死走者なしから大引啓次に二塁打、青木宣親に四球を与えてしまう。山田哲人を打ち取り二死にしたが、バレンティンに2ボール1ストライクからの4球目に逆転の3ランを浴びた。

 里崎氏は「2ボールになった時点で四球OKも頭にあったと思うんですよね。1ストライクが運よく取れてしまったので、若干欲をかいてしまったかなと。それより甘くなってしまったので、打った瞬間でしたけど、次のバッターまで余裕があればもう少し違う展開になったのかなと思います」と指摘。

 さらに里崎氏は「バレンティンの次の打者が雄平。昨年も左投手に本当に相性が悪かった。そこまで余裕があると、結果が違ったかなという印象がありましたね」と雄平との勝負でもよかったのではないかと語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM