ニュース

楽天・島内は「右頸部打撲」 登録抹消せず様子見

無断転載禁止
楽天・島内宏明(C)KYODO NEWS IMAGES

16日の西武戦で顔近辺に死球


 楽天は17日、島内宏明選手の診察結果を発表。仙台市内の病院で「右頸部打撲」の診断を受け、今後については「回復の状況を見ながら、出場の機会を図っていく」予定とした。

 島内は16日に楽天生命パークで行われた西武戦の10回、バントを試みた際に西武のカイル・マーティンが投じた速球が顔付近に直撃。そのまま負傷交代となっていた。

 なお、17日の公示では抹消もなく、今後は状態を見ながら早期の復帰を目指す。


―――――
※お詫びと訂正(2019年4月17日16時50分)
―――――
初出時、死球を与えた投手を「ザック・ニールが~」としましたが、正しくはカイル・マーティン投手でした。大変失礼致しました。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西