ニュース

阪神・矢野監督、ドリスは「体調不良で投げられなかった」

無断転載禁止
阪神・矢野監督
2019.04.17 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 5 広島東洋カープ
熊本
ヤクルト 2 - 2 阪神
<5回戦・神宮>

 阪神の矢野監督は17日のヤクルト戦後、守護神のドリスが登板しなかったことについて言及した。

 先発の青柳が7回を無失点に抑え、2-0の8回からは能見がマウンドへ。能見は一死走者なしから大引、青木に連続四球を与えたところで降板。代わったジョンソンも山田に死球を与えピンチを広げると、バレンティンに同点の2点適時打を浴びた。

 同点となった後は、桑原、岩崎、守屋、島本と小刻みな継投でヤクルト打線を抑え、引き分けに持ち込んだ。

 矢野監督は登板がなかったドリスについて「体調不良で投げられなかった」と話し、「もともと使えないという中で青柳もしっかり投げてくれたし、助かった。投手陣が作ってくれた引き分け」と投手陣を労った。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM