ニュース

井端氏、巨人・小林の打撃技術は「昨年と違って…」

無断転載禁止
巨人・小林誠司(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人の小林誠司が19日、阪神の先発・メッセンジャーからレフトスタンドへ今季第1号3ランを放つなど、4安打を放つ活躍で勝利に貢献した。

 巨人は2回、亀井善行、ゲレーロの連打で無死一、二塁と好機を作る。続く田中俊太は見逃し三振に倒れたが、8番の小林がレフトスタンド最前列へ第1号3ランを放った。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター阪神-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏は、「長いこと小林選手とはやらせてもらいましたけど、送っていたらプレッシャーに感じて打てなかったのかなと。(田中が)送れなかったので、気楽にいけたのでは。小林選手には失礼ですけど、きっちりやって二、三塁で絶対に点を取らなければいけない状況にならなかったので、バットがすんなり出たのかなと」分析。

 この日の小林は4回の第2打席が右安、5回の第3打席が中安、7回の第4打席がセンターへの二塁打の大暴れ。打率は.361に上昇した。

 井端氏は、今季の小林の打撃について「打撃技術的には昨年と違って、下から上半身の方に連動する打ち方になっています。バットの構えている位置も下げましたし、手が柔らかく動くようになっている。間が取れたので、あのカーブも打てたのではないかなと思います」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM