ニュース

井端氏が語る阪神・北條の悪送球の原因

無断転載禁止
4回巨人、一死一、三塁、丸の二ゴロで二封するが、一塁へ悪送球する阪神の遊撃手北條=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、同日の巨人戦で2失策した阪神・北條史也が悪送球してしまう原因について語った。

 北條は4回一死二、三塁から坂本勇人が放った打球を処理し、ホームへ送球。慌てずに送球すればホームタッチアウトのタイミングだったが、横に逸れてしまいその間に三塁走者の生還を許した。さらに続く丸の二ゴロで二塁からの送球を受けて、一塁へ送球するも悪送球。ダブルプレーでチェンジが一転、アウトが1つしか奪えず、三塁走者の生還を許し失点に繋がってしまった。

 井端氏は4回・坂本の打球を北條が悪送球した場面について「技術的なことをいうと、北條選手は捕った後にすぐに投げる方向に向いてしまう。今のも手元がおろそかになってしまって、先ほど(4回・田中俊太の打球)のワンバウンドスローのときも捕った瞬間に投げる方向に向いている。もう少し軸というか、体の動きを頭の中でイメージして動かないと、どうしてもああいう送球ミス、捕球ミスが起きやすいのかなと」と語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM