ニュース

田尾氏、敗れた阪神は「チャンスをつぶしたことが…」

無断転載禁止
阪神・矢野監督
2019.04.20 14:00
阪神タイガース 0 終了 2 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 0 - 2 巨人 ○
<5回戦・甲子園>

 阪神は巨人投手陣に抑え込まれ、0-2で敗れた。

 阪神は0-0の初回、1番・近本光司の内野安打と好走塁で無死三塁と先制の好機を作る。しかし、2番・糸原健斗が一ゴロ、3番・糸井嘉男が二ゴロ、4番・大山悠輔が三ゴロに倒れ無得点。

 直後の2回に先発・岩貞祐太が、石川慎吾に先制の2ランを浴びた。反撃したい阪神は、3回に一死二、三塁とするも糸原が投ゴロ、糸井が見逃し三振に打ち取られ得点することができず。0-2の9回は守護神・クックから先頭の大山悠輔がライト前ヒットを放つも、福留孝介が二併打、最後は中谷将大が遊ゴロに打ち取られ試合が終了した。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「監督は打力が落ちるので、無死、一死で走者を置いた時には何でもありで、やらないといけないと言っていたんですけど、初回でしたからね。スクイズはやらないでしょうし、攻撃が裏目でしたね。中盤だったらスクイズもやったと思いますよ。初回でしたからね」と初回の攻撃を振り返り、「初回の無死三塁、3回の好機を上手くいかなかった。2回のチャンスをつぶしたことがこういう結果になってしまいましたよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM