ニュース

ダルビッシュ、5回3失点で3敗目 初回に連続被弾、カブスの連勝は4止まり

無断転載禁止
ダイヤモンドバックス戦に先発したカブスのダルビッシュ有
● カブス 0 - 6 ダイヤモンドバックス ○
<現地時間4月20日 リグリー・フィールド>

 カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に先発登板。初回に連続ソロを浴びるなど序盤に失点を重ね、5回3失点で3敗目(1勝)を喫した。

 初回、先頭のダイソンに左翼線へ安打されるも、左翼・シュワバーが二塁を狙ったダイソンを好送球で刺し1アウト。ピンチの芽を摘んだかと思われたが、右腕は2番・エスコバルに2ボール後の直球を右翼席へ運ばれあっさりと先制を許した。続くペラルタには追い込んだあとのスライダーを上手くすくわれ、これも右翼席へ飛び込むソロ弾。立ち上がりの連続被弾でいきなり2点を失った。

 2回は連続四球で無死一、二塁とし、相手先発の9番・グリンキーにキッチリ送りバントを決められた。一死二、三塁から、1番・ダイソンは右犠飛。この回はノーヒットで1点を失った。

 3回以降は要所を締めたが、右腕は5回88球、5安打7奪三振3四球3失点で降板。立ち上がりの失点が響き、防御率は5.96となった。

 カブスは打線も振るわず4安打完封負け。連勝は4で止まった。ダイヤモンドバックスは6回無失点の先発・グリンキーが3勝目(1敗)。前回登板で今季初セーブを記録した平野佳寿の登板はなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西