ニュース

阪神連敗ストップ、好投の青柳が初勝利 DeNAは6連敗、拙攻拙守の連続

無断転載禁止
阪神・青柳晃洋(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.23 18:00
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 8 阪神タイガース
横浜
● DeNA 3 - 8 阪神 ○
<4回戦・横浜スタジアム>

 投打が噛み合った阪神は連敗を3でストップ。7回途中3失点(自責点2)と好投した先発・青柳が今季初勝利(2敗)を手にした。DeNAは本拠地で拙攻拙守の連続。今季ワーストの6連敗となった。

 阪神は初回、4番・大山の中前適時打、5番・福留の右犠飛で2点を先制。2回は1番・近本の適時二塁打で3点目を加えた。5回は福留の2号3ランで6-0。7回は近本の2点適時打などでダメ押しとなる2点を加えた。

 青柳は走者を出しながらも要所を締める投球。5回までに4併殺を奪うなど快調にゼロを並べた。7回に遊撃・木浪の失策などで一死一、二塁とし、6番・佐野に3ランを浴びた。それでも6回1/3を投げ、5安打4奪三振3失点(自責点2)の内容。ようやく好投が報われ、地元の神奈川で初白星を手にした。

 DeNAは先発のドラフト1位・上茶谷が5回途中6失点(自責点3)で2敗目。この日はピンチで粘れず、初勝利はまたしてもお預けとなった。

 野手陣は拙攻拙守の連続。守りでは2つの失策がいずれも失点に絡み、打っては5回までに4併殺を喫するなどルーキーを援護できなかった。7回に佐野が2号3ランを放つも空砲。打線全体で6安打に封じられた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西