ニュース

巨人・小林の打撃に若松氏「昨年までとは全然違う」

無断転載禁止
巨人・小林誠司(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人・小林誠司の打撃が好調だ。

 23日のヤクルト戦に『8番・捕手』で出場した小林は、3回の第1打席、原樹理のストレートをセンター前にヒットを放つと、5回の第2打席は原のカーブをセンター前に運んだ。勢いの止まらない小林は、8回一死二、三塁から2点タイムリー。さらに9回二死一、二塁から2打席連続タイムリーで、今季2度目の4安打を達成し、打率を.415とした。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏は小林の打撃に「状態はいいですよね」と話し、「しっかり呼び込んで、打っている。配球も頭に入れながら打っていると思いますね。昨年までとは全然違いますよ」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM