ニュース

阪神連勝!才木が初登板初勝利 DeNAは4年ぶり7連敗、大貫プロ初黒星

無断転載禁止
DeNA戦に先発した阪神・才木=横浜 (C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.24 18:00
横浜DeNAベイスターズ 1 終了 3 阪神タイガース
横浜
● DeNA 1 - 3 阪神 ○
<5回戦・横浜スタジアム>

 連勝の阪神は5カードぶりの勝ち越し。今季初登板初先発の才木が、6回途中1失点で初白星を手にした。DeNAは4年ぶりの7連敗。6回2失点の先発・大貫はプロ初黒星(1勝)を喫した。

 阪神は3回、二死から1番・近本、2番・糸原の連打で好機を作ると、3番・糸井の中前適時打で先制。6回は7番・梅野のニゴロの間に2点目を奪うと、1点リードの9回は代打・陽川が、貴重な1号ソロを左翼席へ運んだ。

 才木は5回まで2安打投球。6回に3連打を許し1点を返されたが、続くピンチを2番手・島本が好救援で凌いだ。2点リードの9回はドリスが締め4セーブ目。守護神は通算81セーブとし、球団の外国人セーブ記録を塗り替えた。

 DeNAは打線が振るわず7連敗。最下位・阪神に同率で並ばれた。先発の大貫は6回2失点の力投。しかし援護に恵まれず、本拠地初登板で初黒星を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西