ニュース

真中氏が監督時代に連戦で苦労したこととは…

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める真中満氏
 26日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した真中満氏が、監督時代にゴールデンウィーク中の連戦で苦労したことについて語った。

 27日からGWに突入し、広島、ヤクルト、中日、阪神の4球団が12連戦を戦う予定となっている。

 ヤクルトで15年から3年間指揮を執った真中氏は「先発ピッチャーですよね」と、先発投手のやり繰りの難しさを挙げた。「中6日、中5日、谷間の投手を考えながらやるのが一番大変ですかね。軸のピッチャーを当てはめていって、そこの合間に1試合、2試合足りなくなるので、二軍からあげたりしていましたね」と連戦中の先発投手の起用について語った。

 救援陣も「上手くやり繰りしながら、最高でも3連投くらいにしたい」となるべく連投を避けたい考えを持っていたそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM