ニュース

中日、連敗を3で止め再び貯金1 ビシエドV弾&又吉3回パーフェクト

無断転載禁止
中日・ビシエド=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.27 14:00
中日ドラゴンズ 5 終了 4 阪神タイガース
ナゴヤドーム
○ 中日 5 - 4 阪神 ●
<4回戦・ナゴヤドーム>

 中日は連敗を3で止め、再び貯金1。4番・ビシエドの6号3ランで試合をひっくり返し、投げては2番手・又吉の好リリーフが光った。

 中日は予告先発されていた笠原が、体調不良で登板を回避。急遽、佐藤が先発したが、右腕は初回に捕まり3回3失点で降板した。

 それでも、2戦連続0封負け中の打線が奮起。0-3の4回、先頭の1番・平田が死球で出塁すると、続く京田は右前打で続き一、三塁。3番・大島の二塁への適時内野安打で1点を返すと、続くビシエドが逆転となる6号3ランを左翼席へ運んだ。5回も一死一、二塁の好機を作り、5番・阿部が遊撃への適時内野安打を放ち5点目。沈黙していた打線が本拠地で目を覚ました。

 投げては2番手の又吉が4回からの3イニングをパーフェクト。1点リードの9回は鈴木博が8セーブ目(0勝1敗)で締め、又吉は今季初勝利(1敗)を手にした。

 阪神は初回、6番・梅野の3点適時二塁打で先制するも、2回以降は打線が沈黙。6回5失点の西は3敗目(2勝)を喫し、チームの連勝は3で止まった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西