ニュース

江本氏が明かす巨人・ゲレーロの悪い癖とは…

無断転載禁止
巨人・ゲレーロ(C)KYODO NEWS IMAGES
○ 巨人 5 - 4 DeNA ●
<4回戦・東京ドーム>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人・ゲレーロの欠点について語った。

 ゲレーロは3月30日の広島戦から3試合連続複数打点をマークし、この3試合で9打点を挙げるなど好スタートを切ったが、16日のヤクルト戦を最後に打点がない。本塁打も5日のDeNA戦から16試合なし。27日のDeNA戦も3打数0安打に終わった。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏はゲレーロについて、「一番悪い癖は、どんどん体が前に沈んできて、見送るときにバッターボックスでおじぎするんですよ。特に外の球は腰かけているんじゃないかというくらい座ってきますから」と指摘。

 江本氏は「私の持論ですけど膝を曲げてかがむ選手は、大体ダメですね。真っ直ぐにスッと立たないと」と持論を展開していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM