ニュース

ロッテ、今季2度目の4連勝! 鈴木大地が令和初三塁打&猛打賞含む3打点

無断転載禁止
2019.05.01 17:00
オリックス・バファローズ 0 終了 4 千葉ロッテマリーンズ
京セラD大阪
● オリックス 0 - 4 ロッテ ○
<3回戦・京セラD大阪>

 ロッテは今季2度目の4連勝。「6番・指名打者」でスタメン出場した鈴木大地が、令和初の三塁打と猛打賞を含む3安打3打点と活躍した。

 ロッテは4回、オリックス先発・榊原に対し二死二塁の好機を作ると、鈴木が一、二塁間を破る右前適時打を放ち先制。6回は二死三塁から、5番・レアードの振り逃げの間に2点目を加えた。8回は二死一、二塁とし、鈴木が救援左腕の海田から、この試合3安打目となる2点適時三塁打を右中間へ運んだ。

 鈴木の三塁打と猛打賞は、いずれも球界全体で令和初。選手会長を務める背番号7が、球史に名を刻んだ。投げては先発の涌井が7回7安打無失点と好投。女房役・田村の2度の盗塁阻止もあり、右腕は今季2勝目(1敗)をマークした。

 オリックスはロッテと並ぶ7安打を放つも、序盤から拙攻が目立ち完封負け。先発の榊原は7回2失点(自責点1)と力投したが、援護なく2敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西