ニュース

広島完封リレー、連敗を4で止める 大瀬良7回0封、バティスタ決勝2ラン

無断転載禁止
広島・大瀬良大地(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.02 14:00
阪神タイガース 0 終了 4 広島東洋カープ
甲子園
● 阪神 0 - 4 広島 ○
<6回戦・甲子園>

 広島は令和初勝利で連敗を4でストップ。0-0の9回、3番・バティスタの決勝2ランなどで一挙4点を奪った。

 広島打線は阪神先発・岩田の前に7回までわずか4安打。8回も2番手・ジョンソンに封じられ、二塁ベースすら踏めない展開が続いた。それでも9回、阪神守護神・ドリスに対し先頭の1番・野間が四球で出塁すると、続く菊池涼は送りバント。一死二塁の好機を作り、バティスタが5号2ランを左翼席へ運んだ。

 さらに4番・鈴木、途中出場・曽根の連打で再び一、三塁の好機を作り、6番・会沢が三塁線突破の2点適時二塁打をマーク。最終回にようやく打線がつながり、一発を含む4連打で一気に4点を奪った。

 投げては先発・大瀬良が7回無失点と好投。援護なく白星こそつかめなかったが、チームの連敗ストップに大きく貢献した。8回はフランスア、9回は中崎で完封リレーを達成。2番手のフランスに今季3勝目(1敗)が記録された。

 阪神は広島を上回る9安打を放つも、好機であと一本が出ず完封負け。連勝は4で止まり、再び借金1となった。岩田は7回無失点と好投するも援護なし。3失点のドリスは今季初黒星(0勝6セーブ)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西