ニュース

阪神5割復帰、大山サヨナラ打&西好投 DeNAは阪神戦4連敗、三嶋初黒星

無断転載禁止
阪神・西勇輝=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.03 14:00
阪神タイガース 2 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
○ 阪神 2x - 1 DeNA ●
<7回戦・甲子園>

 阪神が延長戦をサヨナラで制し勝率5割復帰。DeNAは3連勝を逃し、阪神戦は4連敗となった。

 阪神はDeNA先発・阪口の前に5回まで無得点。それでも1点を追う6回、代わった国吉から2番・上本が左翼席へ飛び込む1号ソロを放ち、1-1の同点に追いついた。10回は二死から3番・糸原が四球を選び、続く大山が中堅フェンス直撃のサヨナラ打。劇的勝利で本拠地ファンを沸かせた。

 先発の西は、8回107球、3安打7奪三振1失点の快投。今季3勝目とはならなかったものの、勝率5割復帰に大きく貢献した。救援陣はピンチを招きながらも無失点リレー。4番手のジョンソンが2勝目を手にした。

 DeNAは高卒2年目の阪口が5回無失点と好投するも、2番手の国吉が6回に同点被弾。10回は2イニング目の三嶋がサヨナラ打を浴び今季初黒星を喫した。

 打線は2回、7番・神里の右前適時打で先制するも、3回以降はゼロ行進。終盤は勝ち越しの好機を連続で作ったが、9回は4番・筒香の中越え二塁打で一走・ソトが本塁で憤死するなど、勝ち越し点を奪うことができなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西