ニュース

広島、巨人に競り勝ち連勝! 西川V犠飛&曽根快走、フランスア4勝目

無断転載禁止
広島・鈴木=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.03 18:00
広島東洋カープ 6 終了 3 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 6 - 3 巨人 ●
<6回戦・マツダスタジアム>

 広島が同点の8回に一挙3得点。粘る巨人を振り切った。

 広島は4番・鈴木の8号ソロなどで6回までに3得点。しかし7回、粘投していた先発・床田が、バックの2失策もあり3-3の同点に追いつかれた。

 それでも8回、3番・バティスタ、続く鈴木の連打で一死一、三塁の好機を作ると、5番・西川の左犠飛で勝ち越し。打球自体は浅かったが、代走で出場していた三走・曽根の快走が光った。なおも二死三塁から、7回にエラーをしていた6番・安部が意地の2号2ラン。貴重な一発で6-3とリードを広げた。

 床田は7回途中3失点で降板したものの、自責点は0で防御率は1.55まで良化した。8回のピンチを凌いだ3番手・フランスアが4勝目(1敗)。3点リードの9回を締めた中崎は4セーブ目(1勝2敗)を記録した。

 巨人は3点を追う7回、相手の2失策に乗じ一気に同点に追いつくも、8回に救援陣が3失点。不運な当たりが続いた4番手・田原が今季初黒星を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西