ニュース

広島・緒方監督が退場処分 リクエスト判定に「異議申し立て」

無断転載禁止
広島・緒方孝市監督(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.04 14:00
広島東洋カープ 3 終了 2 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム

マツダスタジアムは大ブーイング


 広島・緒方孝市監督が4日、巨人7回戦(マツダスタジアム)の1回裏に退場を命じられた。

 問題の場面は1回裏の一死。2番・菊池涼の打球は遊ゴロだったが、巨人・坂本勇の送球が高めに浮いた。一塁手・中島はジャンプし捕球したが、一塁ファウルゾーン側へ着地。菊池涼は中島の着地より先に一塁ベースを駆け抜けたが、中島との交錯を避ける形で、瞬時にフェアゾーン側に倒れ込んでしまった。

 菊池涼は帰塁のため、すぐさま一塁ベースへダイブしたが、中島のタッチが先。これがタッチアウトと判定された。

 緒方監督はリクエスト検証を要求したが、判定は変わらずアウト。すると、この決定に緒方監督が再度抗議し、審判団は退場処分を命じた。福家球審は「リクエストの判定に緒方監督が異議申し立てをいたしましたので、緒方監督を退場処分とします」と説明。この発表にマツダスタジアムからはブーイングが起こった。

 菊池涼に二塁進塁への意思はなく、交錯を避けるための不可抗力ともとれるプレー。また規則には「リクエストでの決定に対しては、異議を唱えることはできない。異議を唱えた場合、監督は退場」とある。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西