ニュース

広島-巨人は令和初の引き分け 鈴木誠也通算100号、巨人は救援陣0封リレー

無断転載禁止
広島・鈴木=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.05 13:30
広島東洋カープ 3 終了 3 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
広島 3 - 3 巨人
<8回戦・マツダスタジアム>

 広島-巨人の8回戦は延長12回の末、令和初の引き分けに終わった。

 広島は1点のビハインドの1回裏、二死から3番・バティスタが四球で歩き、鈴木が巨人先発・山口の外角の直球を右中間席へ運んだ。今季9号となる逆転2ラン。24歳8ヵ月での通算100号到達は球団史上最年少のスピード記録となった。2-2の4回は7番・会沢が中前適時打。再び3-2と勝ち越した。

 先発の中村祐は、走者を背負う展開が続き4回途中3失点で降板。それでも救援陣が好投でつなぎ、1点リードのまま9回を迎えた。守護神・中崎に逃げ切り勝利を託したが、先頭の代打・重信に中前打を許すと、続く代打・阿部の併殺コースの遊ゴロは、遊撃・田中広の前でイレギュラー。田中広は一塁で1つアウトを奪ったが、中崎は一死二塁から、2番・坂本に同点となる左前適時打を浴びた。

 延長後は救援陣が力投したものの、勝ち越し点は奪えず。首位・巨人相手の同一カード3連勝とはならなかった。

 巨人は1点を追う9回、坂本の適時打で試合を振り出しに戻した。先発・山口は7回3失点と粘り、救援陣は8回以降無失点リレー。連敗ストップとはならなかったが、首位の座は守った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西