ニュース

楽天のドラ1・辰己がプロ初本塁打 西武・本田からバックスクリーン弾

無断転載禁止
楽天・辰己涼介
2019.05.06 13:00
埼玉西武ライオンズ 4 終了 8 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ

4月下旬にファーム落ちも5月3日に再昇格


 楽天のドラフト1位・辰己涼介外野手が6日、西武7回戦(メットライフ)の3回にプロ1号となるソロ本塁打を放った。

 辰己は「2番・中堅」でスタメン出場。0-1の3回、二死無走者の場面で2度目の打席に入り、西武先発・本田が投じた2球目の変化球をバックスクリーンに運んだ。

 辰己は立命館大時代に、3年連続で大学日本代表入り。アマチュアナンバー1外野手の評価を得て、昨秋のドラフト会議では、外れ1位で楽天、阪神、巨人、ソフトバンクの4球団が競合。抽選の末、楽天入りした。

 オープン戦で打率.303をマークし、1年目から順調に開幕一軍入り。しかし、4月下旬に二軍降格を命じられ、この試合の開始前まで、15試合の出場で打率.194(36打数7安打)、1打点、1盗塁の成績だった。


▼ 辰巳のホームラン談話
打ったのはカットボール。センター中心のバッティングを意識していました。
やっと出たっていう感じですね。素直に嬉しいです。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西