ニュース

ソフトバンク、両リーグ20勝一番乗り 2回までに9点、GW5連勝締め!

無断転載禁止
ソフトバンク・デスパイネ(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.06 13:00
福岡ソフトバンクホークス 9 終了 6 オリックス・バファローズ
ヤフオクドーム
○ ソフトバンク 9 - 6 オリックス ●
<9回戦・ヤフオクドーム>

 ソフトバンクは2回までに大量9得点。ゴールデンウイーク(GW)を5連勝で締め、両リーグ最速で20勝(2分け11敗)に到達した。

 ソフトバンクは初回、オリックス先発・アルバースに対し、1番・川島、2番・周東の連続安打でチャンスメイク。3番・今宮の打席で一走・周東が牽制で誘い出されたものの、一、二塁間での挟殺プレーの間に、三走・川島が判断よくホームイン。結果的に重盗となり、周東も二塁ベースを陥れた。

 今宮は中前打でつなぐと、4番・デスパイネは中越えの6号3ラン。先頭からの4連打で鮮やかに4点を奪った。その後も5番・松田宣が中前打、続くグラシアルは適時二塁打で続き、一気呵成の6連打で5点目。さらに、打者一巡後に川島が右前適時打を放ち、初回だけで6点のビッグイニングとした。

 2回にも2者連発となる松田宣の8号2ラン、グラシアルの4号ソロで3点を追加。アルバースを来日後最短となる1回2/3でノックアウトした。

 先発の東浜は、打線の援護に守られ5回4失点で2勝目(1敗)。6回以降は救援陣がオリックス打線の反撃を2点に抑えた。

 オリックスはアルバースが大炎上。2回途中10安打9失点で2敗目(1勝)を喫した。打線は粘り強く6点を奪うも反撃及ばず。今季初の同一カード3連敗を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西