ニュース

DeNA連敗ストップ、今永快投&宮崎2発 広島の本拠地連勝は8止まり

無断転載禁止
DeNA・宮崎(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.10 18:00
広島東洋カープ 2 終了 6 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
● 広島 2 - 6 DeNA ○
<7回戦・マツダスタジアム>

 DeNAが連敗を5でストップ。先発・今永が7回2失点で4勝目(1敗)を挙げ、打っては2番・宮崎が2本塁打を含む3本の長打を放った。

 DeNAは初回、宮崎の特大4号ソロで先制。4回は9番・今永の適時内野安打が広島先発・床田の一塁悪送球を誘い、3-0とリードを広げた。5回は宮崎が5号ソロを左翼席へ運ぶと、7番・大和の2点適時二塁打で6-0。宮崎は9回にも力強い中越え二塁打を放ち復調を印象付けた。

 今永は4回まで無安打投球。6点リードの5回に2ラン被弾で2点を返されたが、7回113球、3安打7奪三振2失点の快投でチームを連敗ストップへ導いた。

 広島は先発・床田が5回6失点(自責点5)で2敗目(4勝)。宮崎に2本塁打を浴び、4回は自らのミスも重なり手痛い失点を喫した。打線は不調だった8番・田中広が1号2ランを放つも得点はこれだけ。本拠地での連勝は8で止まり、再び借金1となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西