ニュース

巨人、前日19得点も今日は1得点…江本氏「昨日の打ち疲れ」

無断転載禁止
2019.05.11 18:00
読売ジャイアンツ 1 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 1 - 3 ヤクルト ○
<8回戦・東京ドーム>

 前日23安打、19得点で大勝した巨人だったが、この日はヤクルト投手陣に6安打、1得点に抑え込まれた。

 巨人は立ち上がりからヤクルトの先発・石川雅規の前に毎回のように走者を出すも捉えきれず、あと一本が出ない。6回から登板したマクガフ、ハフには出塁することもできず、0-3の9回に坂本勇人が梅野から放ったソロで1点を返すのが精一杯だった。

 先発のメルセデスは4回に村上宗隆に第10号ソロ、太田賢吾に2点適時打を浴びたが、7回0/3を3失点。QSを達成したが援護がなく、今季2敗目を喫した。

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「ジャイアンツのメルセデスもボールが高いと、抜群の球威があるわけではない。ピッチングのうまさ、コントロールの良さが前半もう少しあればよかったんですけどね。ちょっと先に点をやりすぎましたよね」と話し、打線については試合途中に「今日のジャイアンツ打線は石川がよく投げましたけど、ちょっと昨日の打ち疲れですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM