ニュース

燕・小川監督、6回の代打は「点を取りにいくという選択」

無断転載禁止
ヤクルト・小川監督
2019.05.12 14:00
読売ジャイアンツ 1 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 1 - 4 ヤクルト ○
<9回戦・東京ドーム>

 ヤクルトの小川監督は試合後、6回先発・高梨に代えて代打・荒木を送った場面について言及した。

 高梨は毎回のように走者を出しながらも、5回を96球、1安打、6奪三振、6四球、1失点に抑えていた。3-1の6回一死二塁で高梨に打席が回ってくると、小川監督は代打に荒木を送った。荒木は一邪飛、続く太田が遊ゴロに倒れ、結局この回は無得点に終わった。

 小川監督は「ピンチヒッターを出して点を取っていかないと、終盤にもつれることが多くなるので、どうしても点を取りにいくという選択をした。高梨もある程度球数がいっていたので、そこでひとつ判断ということでした」と説明した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM