ニュース

楽天・藤田が通算1000安打「バッティングの方でこのような数字を残せて嬉しい」

2019.05.14 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 1 終了 13 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク

史上298人目の1000安打


 楽天の藤田一也内野手(36)が14日、日本ハム7回戦(楽天生命パーク)の6回に、史上298人目となる通算1000安打を達成した。

 藤田は「2番・ショート」で先発出場。初回は無死一塁から合わせただけの二ゴロを打たされ、3回の第2打席も一ゴロと凡打に打ちとられた。しかし2点を追う6回裏、一死走者なしの状態で3打席目を迎えると、好投を続ける日本ハムの先発・有原航平のチェンジアップをライト前にボールを運んだ。

 1000安打に到達した藤田は「プロに入った時は自分が1000本も打てると思っていませんでした。守備でやってきた自分がバッティングの方でこのような数字を残すことができて素直に嬉しいです。試合に出ないと達成できない数字なので、ここまで試合で使ってくださった監督コーチ、裏方さん、ファンの皆さん、そして、両親、家族に感謝したいです。まだまだ若いと思っていますので、これからも1本1本積み重ねていきたいです」と喜びを口にした。

 藤田は、徳島県立鳴門第一高、近畿大学を経て、2004年のドラフト4巡目で横浜ベイスターズに入団。2012年に内村賢介との交換トレードで楽天に入り、二塁のレギュラーを確保。翌2013年に自身初の規定打席に到達し、チームの日本一にも貢献した。


▼ 藤田1000安打の歩み
05年: 1本(横浜)
06年: 27本(横浜)
07年: 19本(横浜)
08年: 26本(横浜)
09年: 93本(横浜)
10年: 62本(横浜)
11年: 57本(横浜)
12年: 80本(DeNA/楽天)
13年:128本(楽天)
14年:139本(楽天)
15年:106本(楽天)
16年:108本(楽天)
17年: 68本(楽天)
18年: 66本(楽天)
19年: 20本(楽天)
―――――――
合計:1000本
※数字は5月14日終了時点
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西