ニュース

井端氏、逆転勝ちの阪神は「1-2で終盤まできたことが…」

無断転載禁止
2019.05.14 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 阪神タイガース
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 阪神 ○
<7回戦・東京ドーム>

 阪神が逆転勝利を収め、今季初めて巨人戦に勝利した。

 1-2の7回、阪神は先頭の福留孝介が中安で出塁し、梅野隆太郎がきっちりと送る。マルテが四球を選び一、二塁とすると、二死後、北條史也の適時打で同点に追いつく。続く近本光司が四球で満塁とすると、糸原健斗の2点タイムリーで勝ち越しに成功した。

 6回を2失点に抑えた先発・青柳晃洋の後を受けて、7回から登板したジョンソン、藤川球児、ドリスのリレーで逃げ切った。

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏は「1-2で終盤まで来たということが、ジャイアンツ、そしてジャイアンツ中継ぎ陣にプレッシャーを与えたと思います。その中で、ワンチャンスをモノにできたかなと思います。逆転して喜んでくれているのは、青柳くんじゃないかなと思います」と話した。

 井端氏は「こういう試合が続いていれば、接戦で勝てると阪神側も思えると思います。非常にいい逆転劇だったと思います」と7回の逆転劇を振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM