ニュース

井端氏が語る巨人・重信の昨季と今季の打撃の違い

無断転載禁止
巨人・重信慎之介 (C)KYODO NEWS IMAGES
 『1番・左翼』で先発出場した巨人の重信慎之介が、マルチ安打を記録した。

 初回の第1打席、阪神の先発・青柳晃洋が投じた初球の外角のシュート左中間を破る三塁打で出塁すると、続く2回一死一塁からはインコースのシュートをセンターへ二塁打を放った。

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏は、重信について「昨年は打席の中で構えたときに足を小刻みに動かしてタイミングを取っていた。今みたいなタイミングの取り方をしていると、打つ瞬間に足でタイミングを取ってなので、上体に力が入ることがない。バットが昨年よりスムーズに出ている。上体の力が抜けているので、インパクトにより力が伝えられていると思う」と分析。

 また、井端氏は重信の2本の安打について「アウトコースは反対側に、インコースは引っ張ると、1打席目、2打席目ともにいいバッティングをしていますね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM