ニュース

プロ野球3・4月の月間MVP 西武・山川が2年連続の“年越し受賞”、セは巨人が独占

無断転載禁止
西武・山川穂高=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

山川は5度目の月間MVP


 プロ野球セ・パ両リーグは15日、3・4月度の「大樹生命月間MVP賞」受賞選手を発表した。

 パ・リーグは日本ハムの有原航平と西武の山川穂高が受賞。山川は昨年9・10月度に続く“年越し連続受賞”となり、2017~18年の9・10月度~3・4月度に続いて2年連続での“年越し受賞”となった。

 一方のセ・リーグは好調・巨人が投打独占。投手は山口俊が自身4度目、打者では坂本勇人が自身2度目の受賞を果たした。


【パ・投手】有原航平(日本ハム)☆3度目
【パ・打者】山川穂高(西武)  ☆5度目
【セ・投手】山口 俊(巨人)  ☆4度目
【セ・打者】坂本勇人(巨人)  ☆2度目


パ・リーグ


▼ 投手部門


有原航平(日本ハム)

[成績]
5試合(35回) 4勝0敗 防0.51 奪三振35

☆2018年7月度以来、通算3度目の受賞。
☆リーグ最多タイの4勝、リーグトップの防御率0.51をマーク。


▼ 打者部門
山川穂高


山川穂高(西武)

[成績]
25試合 打率.271 安打26
本塁打11 打点31

☆2018年9・10月度につづき、通算5度目の受賞。
☆本塁打と打点のほか、塁打数(66)と長打率(.688)の4部門でリーグトップの成績を残した。


セ・リーグ


▼ 投手部門
山口俊


山口 俊(巨人)

[成績]
5試合(34回) 4勝0敗 防御率1.59 奪三振30

☆2014年9月度以来、通算4度目の受賞(巨人移籍後初)。
☆巨人の投手部門では、2018年9・10月度の菅野智之に続いて年またぎの連続受賞ということに。


▼ 打者部門


坂本勇人(巨人)

[成績]
26試合 打率.350 安打35
本塁打7 打点15 盗塁1

☆2018年3・4月度以来、通算2度目の受賞。
☆開幕からの連続出塁でリーグ新記録を樹立したように、3・4月は26試合中23試合で安打を放つなど絶好調。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西