ニュース

日本ハム・清宮が二軍戦で今季初安打&初打点

無断転載禁止
日本ハムの清宮
 右手有鉤骨の骨折からの復活を目指す日本ハムの清宮幸太郎選手が15日、イースタンリーグのロッテ戦に「3番・指名打者」で先発出場。実戦復帰後の初安打と初打点を記録した。

 実戦復帰を果たした14日同戦に続き、スタメン出場した清宮は初回、一死一塁という場面で打席へ。ロッテの先発左腕・小島に2ストライクと追い込まれながら、内より低めに入ってきた変化球にバットを合わせて一二塁間に弾き返し、復帰後初安打となライト前ヒットを記録。一死一三塁とチャンスを拡大したが、4番・横尾、5番・野村が連続三振に斬ってとられた。

 4回の第2打席は、小島の抜けた変化球でインコースを攻められ、最後は外のスライダーに空振り三振という結果に終わった。6回の第3打席は、一死三塁の好機で打席に入り、2-1から変化球を右翼後方へ打ち上げ、犠飛で初打点を記録。その後、8回の第4打席で代打を送られて交代した
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西