ニュース

大谷翔平、復帰後本拠地初安打! 大歓声の中、5試合連続安打マーク

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平

復帰後過去8戦はすべて敵地


 エンゼルスの大谷翔平選手が現地時間17日(日本時間18日)、本拠地でのロイヤルズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。5回に復帰後本拠地初安打となる中前打を放ち、5試合連続安打とした。

 トミー・ジョン手術から復帰後、これが本拠地初登場となった大谷。ここまで出場した8試合はすべて敵地で、打率.294、1本塁打、8打点の成績を残していた。

 大歓声に迎えられた初回の第1打席は、一死二塁の好機でロイヤルズ先発・ケラーの前に空振り三振。先頭打者の3回は5球目の直球を捉えたものの、痛烈なライナー性の打球は遊撃手の正面だった。

 4点リードの5回は無死一塁で3度目の打席に入り、ケラーが投じた3球目を中前へ運んだ。これが本拠地では今季初安打。無死一、二塁と好機を広げたが、エンゼルスは続くシモンズが遊飛、プホルスは投ゴロ併殺に倒れ追加点は奪えなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西