ニュース

真中氏が山田哲人の“冷静さ”を評価

無断転載禁止
ヤクルト・山田哲人=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めたヤクルトの山田哲人について言及した。

 昨季3度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田は今季も、ここまで打率.289、9本塁打、28打点、12盗塁の成績を残す。特に今季は17日のDeNA戦で1試合4つの四球を選ぶなど、リーグトップの48四球をマークする。

 真中氏は「冷静ですね。なかなか四球が多い中、打たせてもらえないケースもあるんですけど、その中で冷静に対応していますよね」と分析。

 「ボール球に手を出すと調子を崩したりしますので、そのなかでしっかりボールを見極めながら、粘りつよく打席に立っているイメージですね」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM