ニュース

大谷翔平、復帰後本拠地初アーチの2号2ラン 2番トラウトとのアベック弾!

無断転載禁止
6回に復帰後初アーチとなる右越え2号2ランを放った大谷翔平

初球を強振、高々と舞い上がり右翼席へ!


 エンゼルスの大谷翔平選手が現地時間18日(日本時間19日)、本拠地でのロイヤルズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。6回の第3打席に復帰後本拠地初アーチとなる2号2ランを放った。

 5試合連続安打中の大谷。初回の第1打席は2番・トラウトの先制弾の直後、一死無走者の場面で相手先発・ジュニスと対戦し、2ボール2ストライク後のスライダーにタイミングが合わず空振り三振に倒れた。

 3回は二死無走者で2度目の打席。1ボール後の2球目直球に手を出したが、やや差し込まれる形で詰まった中飛に打ち取られた。

 2-0の6回は一死からトラウトが四球で出塁。ジュニスが投じた内角寄りの直球を強振すると、高々と舞い上がった打球は右翼席へ吸い込まれた。

 今季2号2ランは、復帰後初となる本拠地アーチ。トラウトとのアベック弾も今季初で、大谷はこれで6試合連続安打とした。エンゼルスはその後も5番・カルフーンの中犠飛で加点。5-0とリードを広げた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西