ニュース

田尾氏がみた打撃不振の広島・田中広輔

無断転載禁止
広島・田中広輔
 開幕から打撃不振が続く広島・田中広輔。リーグ3連覇を達成した昨季までは主にトップバッターを任されていたが、現在は主に7番や8番でスタメン出場している。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏は、田中の不振の原因について「トップが浅いんですよ。キャッチャー方向への体重移動、これが少ないんです。頭の位置だけ注目して見てもらいたいんですけど、頭の位置がキャッチャー方向への移動がないんですよ。結局、腕の力でしか振っていない。体の力を使えていない。これでは手打ちしかできない」と指摘。

 それでも、9回の第4打席に二塁打を放った打撃については「今、打つ前に頭が動き出しているなと見ていたんですよ。あれが最初からできないのかなと、思ったんですよね。これを25日の試合でもできれば、だんだん上がってくると思いますね」と評価した。

 田中は24日の巨人戦に『8番・遊撃』でスタメン出場し、4打数1安打で打率は.174となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM