ニュース

DeNA、大勝ムード一変も阪神戦の連敗を7で止める 上茶谷本拠地初勝利

無断転載禁止
DeNAのドラフト1位・上茶谷=横浜スタジアム
2019.05.25 14:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 5 阪神タイガース
横浜
○ DeNA 6 - 5 阪神 ●
<11回戦・横浜>

 DeNAは阪神戦の連敗を7でストップ。ドラフト1位の先発・上茶谷が、9回途中4失点の力投で本拠地初勝利を手にした。

 上茶谷は立ち上がりから安定感抜群。持ち前の制球力が冴え渡り、4回まで1安打投球を展開した。0-0の5回表は先頭打者に二塁打を許すも、一死三塁から7番・中谷は浅めの中飛。8番・木浪を歩かせたあと、最後は9番・メッセンジャーを投ゴロに退けた。直後の5回裏、打線が1点を先制。続く6回には一挙5得点の援護を得た。

 ドラ1右腕は中盤以降も丁寧な投球を続け、8回まで2安打無失点の快投。プロ初完封初完投がかかった9回に4点を失ったが、8回0/3回で113球、6安打2奪三振4失点の力投で、プロ初勝利を挙げた18日のヤクルト戦(神宮)に続き2勝目(3敗)を手にした。9回は1点差にまで追い上げられたが、最後は山崎がリードを死守。阪神打線の反撃を何とか凌いだ。

 打線は5回、5番・ロペスの右犠飛で先制。6回は2番・宮崎の中前適時打で2点目を奪ったあと、二死後、4番・筒香、続くロペスの連続2点適時打で6-0とリードを広げた。

 阪神は追い上げ及ばず、連勝は4でストップ。DeNA戦の連勝も7で止まった。先発のメッセンジャーは計9四死球と制球に苦しみ、6回途中6失点で5敗目(2勝)。打線は9回、糸井の3号3ラン、木浪の2点適時打で1点差にまで迫ったが、最後は代打・鳥谷が左飛に倒れた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西