ニュース

日本ハム連敗止める、粘投の上沢4勝目 西武は逆転負け、5連勝でストップ

無断転載禁止
日本ハム・上沢直之
2019.05.26 13:00
埼玉西武ライオンズ 5 終了 6 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ
● 西武 5 - 6 日本ハム ○
<12回戦・メットライフ>

 日本ハムは連敗を2でストップ。打線が4点ビハインドをひっくり返し、7回4失点(自責点0)と粘った先発・上沢は4勝目(2敗)を挙げた。

 日本ハムは4点を追う5回、4番・中田の中越え10号ソロで反撃開始。6回は9番・中島の適時二塁打で2点目を奪うと、7回は中田の左犠飛で1点差とし、7番・清宮の中前適時打で4-4の同点に追いついた。

 清宮はこれで一軍昇格後3試合連続打点。この日は貴重な同点打を放ち「真っ直ぐ一本でいきました。昨日の最終打席、同じようなチャンスの場面で打てなかったので、同点に追いつくことができて良かったです」とコメントした。

 8回は一死三塁の好機を作り、2番・大田は空振り三振に倒れたものの、続く近藤が右中間フェンス直撃の決勝適時二塁打を放った。中田も中前適時打で続き、4番は3打席連続打点。大逆転の立役者となった。

 先発の上沢は3回、バックの失策と不運な当たりが重なり3失点。4回も二塁・渡辺の適時失策で4点目を失ったが、7回まで粘り強い投球を続け勝利投手の権利を得た。8回は2番手・宮西がピンチを招いたが、3番手の石川直が好救援。1点リードの9回を締めた秋吉は8セーブ目(1敗)をマークした。

 西武は4点リードを守れず連勝は5でストップ。先発の松本航は6回途中2失点と力投したが、7回以降はバックの失策もあり救援陣が失点を重ね、4番手のマーティンは3敗目(1セーブ)を喫した。

 松本航はプロ2勝目の権利を持って降板するも、本拠地初勝利は次回以降にお預け。降板後「調子は良かったです。反省点は追い込んでから丁寧にいきすぎて決めきれなかったことです。それが球数の多さにつながってしまいました。良かったところはストレートとスライダーをゾーンに投げることができたところです。次回は追い込んでからの球をしっかり意識し、球数を抑えて少しでも多くのイニングを投げたいです」とコメントした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西