ニュース

西武、中村のサヨナラ打で広島に勝利 今井4失点も救援陣が無失点リレー!

無断転載禁止
延長12回にサヨナラ打を放つ西武・中村=メットライフドーム
2019.06.04 18:00
埼玉西武ライオンズ 5 終了 4 広島東洋カープ
メットライフ
○ 西武 5x - 4 広島 ●
<1回戦・メットライフ>

 サヨナラ勝ちの西武は交流戦白星スタート。延長12回、6番・中村が殊勲打を左前へ運んだ。先発の今井は7回4失点で降板したが、8回以降は救援陣が無失点リレー。投手陣の粘りが今季3度目のサヨナラ劇を呼び込んだ。

 西武は2回、広島先発・野村相手に敵失で先制。なおも9番・金子侑の右前適時打、1番・秋山の左前2点適時打で4-0とリードを広げた。3回以降は追加点を奪えない展開が続いたが、12回は3番・外崎、4番・山川の連打などで無死満塁とし、中村がサヨナラとなる左前適時打を放った。

 先発の今井は4点の援護を得るも、4回に5本の長短打を集中され一挙4失点。何とか7回まで投げ切ったが、勝利投手の権利を持たず降板した。8回以降は平井、増田、ヒース、小川、森脇、マーティンが無失点リレー。12回を3者凡退で終えたマーティンは今季初勝利(3敗1セーブ)をマークした。

 広島は4点を追う4回、3番・バティスタの特大16号ソロで反撃開始。その後、5番・西川、7番・磯村、8番・田中広と3本の適時二塁打が生まれ、一気に4-4の同点に追いついた。しかし5回以降の8イニングは、西武投手陣の前に散発の3安打。12回にサヨナラ打を浴びた菊池保は移籍後初黒星(1敗)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西