ニュース 2019.06.06. 12:37

カブス、乱打戦制し3連勝 ダルビッシュ6回途中3失点、7戦連続白星なし

無断転載禁止
6回途中にマウンドを降りるカブス先発のダルビッシュ(中央)
○ カブス 9 - 8 ロッキーズ ●
<現地時間6月5日 リグリー・フィールド>

 カブスのダルビッシュ有投手が5日(日本時間6日)、本拠地でのロッキーズ戦に先発登板。5回まで無失点も3点リードの6回に3点を失い、本拠地勝利はまたしてもお預けとなった。試合は中盤以降、乱打戦に発展。打ち勝ったカブスは3連勝となった。

 ダルビッシュは初回、四球と盗塁で二死二塁のピンチを招いたが、4番・アレナドを遊ゴロに仕留め無失点スタート。2回、3回は丁寧な投球で2イニング連続3者凡退で終えた。4回は二死から一、二塁のピンチを作ったが、最後は6番・マクマホンをカットボールで空振り三振。5回はテンポ良く8球で3者凡退に封じ、5回までゼロを並べた。

 すると5回裏、カブスは二死からチャンスを作り、8番・ボートの7号3ランで先制。ダルビッシュに3勝目の権利が発生した。

 しかし6回表、ダルビッシュは一死から四球と二塁打で二、三塁のピンチを招くと、アレナドに左前適時打を浴び失点。1点を返されたところで降板となった。

 2番手左腕・ライアンは、一死一、三塁の場面で5番・マーフィーを一ゴロに仕留めたものの、二塁封殺を狙った一塁・リゾが二塁へ悪送球。これが適時失策となり1点差に迫られると、6番・マクマホンには左前適時打を許し3-3の同点。この時点でダルビッシュの白星は消滅した。

 この回の失点、自責点はいずれもダルビッシュに付き、右腕は5回1/3で95球を投じ、3安打5奪三振3四球で3失点(自責点2)。またしても本拠地初勝利、久々の白星とはならず、2勝3敗のまま防御率は4.88となった。

 試合は中盤以降、激しい点の取り合いに発展。カブスは5回に先制3ランを放ったボートが、その後も3点適時二塁打、右前適時打と計4安打7打点と大爆発。本拠地での打撃戦を制し3連勝とした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西