ニュース

試合巧者ソフトバンク、交流戦5戦全勝 広島は3連敗、2カード連続負け越し

無断転載禁止
ソフトバンク・高橋礼(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.06.08 14:00
広島東洋カープ 2 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
● 広島 2 - 4 ソフトバンク ○
<2回戦・マツダスタジアム>

 ソフトバンクは交流戦に入り5戦5勝。交流戦、リーグ戦ともに、首位の座をガッチリと守った。

 2年連続日本シリーズ王者が、真っ赤に染まった敵地で試合巧者ぶりを発揮した。1-1の同点に迎えた4回、二死二塁から7番・釜元の右前適時打で勝ち越し。続く高田も左前打で続くと、先発投手の9番・高橋礼は三振に倒れたものの、5回は1番から始まる好打順となった。

 再び2-2の同点で迎えた5回は、広島先発・ジョンソンを小技で揺さぶった。先頭の真砂が初球からバント安打を試みると、これがジョンソンの悪送球を誘い出塁。続く明石は1球で送りバントを決めた。1、2番の2球連続バントで一死二塁の好機を作ると、3番・内川の適時二塁打で再び勝ち越し。4番・グラシアルも左前打で続き、一死一、三塁から、5番・松田が4点目となる中犠飛を放った。

 さらに二死一塁から、6番・甲斐は三塁線へ絶妙なセーフティーバント。続く釜元はフルカウントから遊直に倒れたものの、ジョンソンは釜元の打席中に100球に到達。この回限りでマウンドを降りた。ソフトバンクは5回だけで3人の打者がバントを敢行。チーム一丸でジョンソンを攻略した。

 先発の高橋礼は4回までに2点を失うも、5回以降はテンポの良い本来の投球。7回86球、6安打2奪三振2失点の好投で、リーグ2位タイとなる6勝目(1敗)を挙げた。8回は2番手・武田がピンチを招きながらも無失点。9回は3番手・モイネロが、今季2セーブ目(0勝1敗)で締めた。

 広島は3連敗。1勝2敗で負け越した前節の西武戦に続き、交流戦2カード連続負け越しが決定した。先発のジョンソンは5回4失点で4敗目。打線は尻上がりだった高橋礼の前に、5回以降得点できなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西