ニュース

広島連敗ストップ、フランスア今季初セーブ ソフトバンクは交流戦初黒星

無断転載禁止
広島先発・九里亜蓮 (C) KYODO NEWS IMAGES
2019.06.09 13:30
広島東洋カープ 3 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
○ 広島 3 - 2 ソフトバンク ●
<3回戦・マツダスタジアム>

 広島は連敗を3でストップ。ソフトバンクは交流戦初黒星となり、連勝は5で止まった。

 広島は2回、4番・鈴木の17号ソロで同点。再び1点を追う4回は、ソフトバンク先発・松本から3連続四球を選び、無死満塁から6番・会沢の左前適時打で同点、7番・田中広の中犠飛で3-2と逆転した。

 先発の九里は5回5安打2失点の粘投。先発では今季初勝利となる2勝目(3敗)を挙げた。6回以降は救援陣が無失点リレー。1点リードの9回を3者凡退で締めたフランスアは今季初セーブ(4勝2敗)を記録した。

 ソフトバンクは今季初先発の松本が3回まで好投するも、4回に突然乱れ3連続四球を献上。結局4回途中5安打3失点と試合を作れず、今季初黒星を喫した。

 打線も中盤以降は好機であと一本が出ず、計10安打で2点止まり。この日は拙攻が目立ち、交流戦初黒星を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西