ニュース

二軍戦で実戦復帰したロッテ・藤岡「思ったほど鈍っていない」

無断転載禁止
ロッテの藤岡裕大【撮影日=2019年2月27日】
 ロッテの藤岡裕大は10日、ロッテ浦和球場の室内練習場で打撃練習を中心に汗を流した。

 この日はロッテ浦和球場で楽天との二軍戦が行われる予定だったが、雨のため試合前に中止が発表された。ファームの野手は室内練習場で、打撃練習を中心に練習を行なった。

 藤岡は5月21日のオリックス戦の試合中に、右足を痛め途中交代。病院で検査を受けた結果『右大腿二頭筋肉離れ』と診断された。球団の発表では全治4週間の見込みだったが、藤岡は6月8日の巨人との二軍戦で実戦復帰した。二軍戦では復帰初戦にヤングマンから安打を放ち、2試合に出場して、打率.143(7-1)の成績。

 藤岡は「思ったほど(実戦感覚は)鈍っていない。(足の状態も)そこまで違和感はないですし、いつでもいけるかなと思います」と頼もしい言葉が返ってきた。巨人との二軍戦では、ヤングマン、高橋優貴といった一軍でも投げている投手との対戦もあったが、「ピッチャーどうこうというのは関係ないですね。どれだけボールが見えているかくらい。あとは微調整ですね」と話した。

 一軍に呼ばれたら、すぐにでも一軍でプレーできる準備をしている。二軍戦には復帰し、この日も全体練習のメニューをしっかりこなしていた。一軍復帰もそう遠くないはずだ。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西