ニュース

オリックス連敗、打線振わず3安打 山本、防御率1点台キープも4勝目ならず

無断転載禁止
オリックス・山本=京セラD大阪(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.06.11 18:00
オリックス・バファローズ 1 終了 2 中日ドラゴンズ
京セラD大阪
● オリックス 1 - 2 中日 ○
<1回戦・京セラD大阪>

 中日が連敗を2でストップ。8回に3番・大島が、決勝点となる右前適時打を放った。オリックスは打線が3安打と振るわず2連敗。先発の山本が7回4安打1失点と好投したが、またしても打線の援護を得られなかった。

 山本は2回、7番・藤井に先制となる適時打二塁打を許すも、その後は最速153キロの直球を軸に安定した投球。6回、7回はテンポよく3者凡退で終え、粘り強く打線の援護を待った。しかし、オリックスの得点は、6回に5番・小島が選んだ押し出し四球による1点のみ。同点に追いつくのがやっとだった。

 山本は7回114球、4安打6奪三振1四球1失点の力投も、勝利投手の権利を持たず降板。防御率1点台(1.64)をキープしながら4勝目とはならず、降板後「中盤以降はリズムよく、思い通りのピッチングをすることができたと思いますが、2回はフォアボールからの失点となってしまいましたし、そういったところは反省しなければいけないと思います」と話した。

 1-1の同点で迎えた8回、2番手・近藤が失点し3敗目(2勝)。競り勝った中日は、岡田が今季初勝利、マルティネスは来日初セーブをマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西