ニュース

ヤクルト、終盤の猛攻で連敗ストップ 中村V打、途中出場の山崎3の3

無断転載禁止
楽天に勝利し、タッチを交わすヤクルトナイン=楽天生命パーク
2019.06.13 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 11 東京ヤクルトスワローズ
楽天生命パーク
● 楽天 3 - 11 ヤクルト ○
<3回戦・楽天生命パーク>

 ヤクルトが逆転勝ちで同一カード3連敗を阻止。終盤に打線がつながり、8回と9回の2イニングで計9点を奪った。

 ヤクルトは2-3と1点を追う8回、楽天の3番手・青山に対し、代打・山崎が左前打で出塁。山崎はそのあと三塁へ進み、青山の暴投で同点となるホームを踏んだ。その後も4番・バレンティンの左前打、続く村上、代打・荒木の連続四球で二死満塁とし、7番・中村が代わった高梨から、逆転となる2点適時二塁打を左翼線へ運んだ。

 山崎は9回も先頭打者として中前打で出塁し、続く青木の打席ですかさず二盗に成功。その後、再び三塁へ進むと、バレンティンの適時内野安打で6点目となるホームを踏んだ。ヤクルトはこの回も6安打を集中させ、一気に6点を追加。山崎はこの回2度目の打席でも中前適時打を放ち、8回からの出場で3打数3安打1打点、1盗塁2得点の大活躍。途中出場でチームに勢いを与えた。

 投手陣は先発の小川が5回途中3失点で降板したが、2番手以降のハフ、マクガフ、梅野、山田大が無失点リレー。3番手のマクガフが3勝目(1敗)を手にした。

 楽天は先発の石橋が6回2失点と好投。4勝目の権利を持って降板したが、8回以降に登板した青山、高梨、西宮が踏ん張れなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西