ニュース

江本氏、巨人は打線に「繋がりがない」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本ハム-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人の打線に苦言を呈した。

 巨人は3回に日本ハムの先発・有原航平の暴投で2点を先制。その後は、4回に大城卓三、9回に重信慎之介の適時打が飛び出したが、序盤はチャンスを作りながらもあと一本が出なかった。

 江本氏は「打ちまくって勝たないといけない。個々の選手の調子が上がってこないと、ぶつ切りになるわけですから、打線のつながりがない。自分が打ったら勝てるんじゃないかというバッティング」とバッサリ。

 「繋がりがないといけないのと、ゲームを最後まで諦めないぞ!とか相手に諦めさせる熾烈な空気が出てこないとダメですよ」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM