ニュース

江本氏がみた首位・日本ハム

無断転載禁止
7回、勝ち越し2ランを放った王柏融を迎える日本ハムナイン=札幌ドーム(C)Kyodo News
 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本ハム-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、日本ハムの戦いぶりを評価した。

 日本ハムの先発・有原航平は4回までに3点を失うも、5回以降は無失点に抑える。打線も6回に渡辺諒の犠飛、杉谷拳士の適時打で1点差に迫ると、7回に中田翔の適時打、王柏融の2ランで逆転に成功。2点リードとなった8回、先発・有原が無失点に抑えると、9回はロドリゲスがマウンドへ。ロドリゲスは1点を失ったが逃げ切った。

 江本氏は「私はバラバラの方が好きなんだけど、栗山監督をはじめ、チームがひとつになっている。こんなに気持ちよくまとまっているチームはすごいなと。戦力が整う、整わないがあるなか、それなりにチームを作っていく。これが大事なので、そういう意味で日本ハムは余程のない限りいくんじゃないですか」と日本ハムの強さを感じたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM