ニュース

大谷、9号3ラン含む2戦連続マルチ エ軍大勝、アップトンも復帰初打席で一発

無断転載禁止
9号3ランを放ち、ラステラ(左)とタッチを買わず大谷翔平
● ブルージェイズ 5 - 10 エンゼルス ○
<現地時間6月17日 ロジャーズ・センター>

 エンゼルスの大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、敵地でのブルージェイズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。2回に9号3ランを放つなど2戦連続のマルチ安打をマークし、チームの大勝に貢献した。

 エンゼルスは1点を先制された直後の2回、復帰後初打席となった4番・アップトンが同点となる中越えソロを放つと、5番・カルフーンも右越えソロで続き逆転に成功した。さらに2点を追加し、なおも二死二、三塁の好機で3番・大谷。ブルージェイズの2番手右腕・ジャクソンの初球を叩いた打球は、左翼ポール際へ飛び込む9号3ランとなった。

 大谷は6回の第4打席にも右中間へ二塁打を放ち、今季13度目のマルチ安打を記録。その他の打席は1、3打席目が三振で、5打席目は遊ゴロ。5打数2安打3打点の活躍で打率を.283とした。

 エンゼルスは2番・トラウトも6回に20号ソロを放ち、2番から5番までの4選手が本塁打をマーク。右足の故障から復帰したアップトンは同点弾を含む4打数2安打1打点を記録し、自らの復帰戦を白星で飾った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西