ニュース

ソフトB交流戦首位キープ、同2位巨人と直接対決へ 内川2発含む4安打3打点

無断転載禁止
6回に勝ち越しとなる8号2ランを放ち、コーチに迎えられるソフトバンク・内川=神宮
2019.06.20 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
神宮
● ヤクルト 5 - 6 ソフトバンク ○
<3回戦・神宮>

 ソフトバンクが接戦に勝利。このカードを2勝1敗で勝ち越し、交流戦首位の座を守った。

 ソフトバンクはヤクルト先発・山田大に苦戦。元同僚相手に序盤から再三チャンスは作るものの、4回まで3番・内川の7号ソロによる1点に封じられた。

 それでも5回、内川の中前打で山田大をマウンドから引きずり降ろすと、代わった梅野から、4番・グラシアルが中越え二塁打を放ち好機拡大。一死二、三塁から5番・松田も右前2点適時打で続き、3-2と逆転に成功した。さらに、6番・甲斐が左前打、7番・塚田は中前適時打を放ち一挙5連打。4-2とリードを広げた。

 その後、4-4の同点に追いつかれたが、6回に内川が8号2ランを左翼席へ。内川はこの試合、2本塁打を含む4安打3打点をマークした。

 1点リードの9回は甲斐野が締め、プロ初セーブ(1勝1敗)をマーク。先発の大竹は5回までに4点を失ったが、打線の援護を受け5勝目(2敗)を手にした。

 ソフトバンクは交流戦9勝4敗2分けとし、同首位をキープ。21日からの最終カードは同2位・巨人(10勝5敗)の本拠地・東京ドームに乗り込み、8度目の最高勝率をかけ直接対決3連戦を行う。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西