ニュース

DeNA・大和がサヨナラ打!「たまたまです」

無断転載禁止
DeNAの大和
○ DeNA 3x - 2 楽天 ●
<1回戦・横浜>

 「ハマのサヨナラ男」襲名だ。

 DeNAは2-2で迎えた9回二死二塁の場面で、大和が楽天の4番手・ブセニッツの外寄り155キロのストレートを弾き返し、右中間へサヨナラ適時二塁打を放った。

 大和は2日前、19日の日本ハム戦でも9回に左中間へのサヨナラ適時二塁打を放っていた。これでDeNAの今季の交流戦は、9勝6敗1分。2014年以来5年ぶり、ラミレス監督の下では初の交流戦勝ち越しを決めた。

▼ 大和のヒーローインタビュー

―サヨナラ男
「いや、たまたまです」

―2日前は田代チーフ打撃コーチに"お腹がすいたから、この回で決めてくれ"と言われてサヨナラ打を放ったが。
「それはなかったが、(打席が)回ってきたんで、"たのむ"と言われていた。頑張りました」

―今季の交流戦、勝ち越しを決めた。
「1点を争うゲームだったが、全員で勝ち取ったと思う」

▼ ラミレス監督

―サヨナラの場面は
「絶対にサヨナラを打ってくれると期待していた、と言ったらウソになるが、それだけに期待以上。交流戦に入るまでは苦しんだが、交流戦に入ってからは、選手たちがすごくいい野球を続けてくれている。きょう5割以上を決めてくれたことは嬉しく思う」。

―勝ちはつかなかったが、今永が7回12奪三振2失点の好投
「きょうの勝ちは今永の頑張りがあったから。スタミナもあったし、楽天打線は強力だが、2点に抑え、いいピッチングをしてくれた。勝ちがつかなかったのは残念だが」。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM